7/28/2015

ジョブズ、スタンフォード大学伝説のスピーチのオリジナル

2005年、ジョブズがスタンフォード大学卒業式で行った「伝説のスピーチ」。 あまりに有名なこのスピーチには、多くの動画が登録されている。 元のリソースは、スタンフォード大学が撮影した録画(ビデオテープ)があるはずで、それを保有するスタンフォード大学が本家になる。 その意味で、下記のページに埋め込まれた動画がスタンフォードお墨付きのオリジナルと言って良いはずだ。

>Text of Steve Jobs' Commencement address (2005)

ただし、動画を再生するとわかるが、大阪弁のキャプションがついていて、ジョブズが訛っている。なんでやねん? というか、これはいただけない。 別に大阪弁が悪いのではなく、発言している草稿を動画と一緒に読むことができない。

この他にも日本語を含むキャプションを追加するなど加工したものが多数登録されていて、状況は混乱している。 「オリジナルに近い動画をオリジナルのキャプションで」読もうとすると面倒だ。 多くの動画はジョブズのスピーチのみだが、次の動画は学長によるジョブズの紹介が含まれており、 オリジナルに近いものと思われる。学長による経歴の紹介を待つ間、ジョブズは用意したプリントを確認しているが、 ときどき視線をあげて周囲を見回している。

この伝説のスピーチは素晴らしいものだが、おそらく期待されていた内容ではなかったと思っており、 その説明が講演の主題のひとつとなっている。たまたま、2014年にBill Gates夫妻が同じ スタンフォード大学でスピーチを行っている動画があった。もともと期待されていたのは、 こうした内容だろうと思っている。映像の違いが、9年間の月日を物語る。

動画ではなく、音声のほうは、 スタンフォード大学がiTunes用に無償で公開しており、話は簡単だ。

Commencement - Download free content from Stanford on iTunes

7/24/2015

iPod(第4世代、モノクロ)を買う

講演の名称は、仮称として「よりよく生きるためのプレゼンテーション入門」を事務局に連絡している。 構成はまだ決めていないけれど、講演の主題にジョブズのスタンフォード大学のスピーチを入れるつもりで、 Amazonから「参考図書」を何冊か購入した。もともと持っていた書籍を含め、すでに十冊以上読んでいる。 この調子で買っていると古書と言っても馬鹿にならないので、職場の近くにある中央区の図書館に 登録してそちらからも本を借りている。 書籍以外に、YouTUBEのほうも調べていて、それはそれで「関連する動画」という形でどんどん広がり、 もういくら時間があっても足りない。ほどほどにしようと思う。

いろいろ調べているうちに、iPodが欲しくなってきた(「調べた結果欲しくなった理由」については、 長くなるのでいずれまた)。新しいiPodではなく、 Susan Kareのフォントを搭載している第4世代以前のモノクロモデルだ。 ということで、ヤフオクで購入した。

7/12/2015

久しぶりの講演

10月に某大学で、学生達に話をすることになった。 何を話そうかといろいろ考え、「プレゼンテーション」について話をすることにした。 それで、講演の素材集めを始めて、これはそのひとつ。